fc2ブログ

今までやったネトゲを思い出して見る。


ポトリス2
ガンバウンド
メイプルストーリー
テイルズウィーバー
グランドチェイス(JP,USA,KR
ビックショット
パンヤ
飛天オンライン
ペーパーマン
コズミックブレイク
SDガンダムカプセルファイター
エルソード
ハウリングソード
FreeJack

合計14種類.以下、振り返って見る。

ポトリス2・ガンバウンド(約10年前
 最初にプレイしたオンラインゲーム、右も左もわからず操作法すらわからず一方的に倒された覚えがある。どう動かすのかを公式サイトなどを見ずに手探りで全て理解しやっとこさまともにプレイした。このときはまだコミュニケーション等取る事はなく、「よろしく」と「おつ」の挨拶オンラインでプレイしていた。「サーバーの接続障害」の嵐でゲームが止まるなんてのもざらだったなぁ。ゲーム止まったら再起動なんてパターンは慣れてたのかもしれない。

メイプルストーリー(推定7~6年前
 初めてプレイしたMMORPG。ポトリス等の移動制限や一方通行の攻撃手順から解き放たれ自由に動き回れるオンラインゲームを初めて体感した。その分、長くプレイしたし、なんだかんだでまだアカウントが消えてないところを考えると、今でも年に最低1回はプレイしていると思う。このゲームで多くのコミュニケーションを取り、ギルド入ったり、wikiで調べる事を知ったり、ネトゲのマナーの基礎を学べたと言える。そのため今後このゲームがどれだけ汚れたりしようと心の奥では決して嫌う事はない。

テイルズウィーバー(推定6~5年前
 テイルズオブシリーズが好きだった地水はこのタイトルは前々から気になっていた。プレイしようとしたら画面設定16Bitの壁に阻まれプレイできなくて大分悩んでいた事を覚えている。このゲームから、「ゲームの動作環境」や「仕様」が存在する事を学べたと言える。チームを組んだ狩りがとても経験値がおいしかったのだが、仕様変更により逆にまずくなりそこからあまりプレイしなくなった。1~3年前当たりに再開するものの、やっぱり続かなかった。

グランドチェイス・ビックショット(推定6年前
 「グランドチェイス」は操作キャラが女性のみで尚且つ全員最初が装備ナシで裸同然の姿に驚き、最初は恥ずかしくなりながらのプレイであった。が、そんな気持ちをふっとばすかの様に突然フリーズして強制終了せざるを得なくなったり、ラグによる攻撃の辺り判定、投げ技によるキャラの吸い寄せられたかのようなとても大きな仕様が立ちはだかった。しかしそれを含めても、装備による飾りつけやキャラクターの良さがあり、βテストからサービス終了までプレイし続けた。このゲームにより対戦での自分の微妙な弱さを理解し、仕様にめげずにプレイする忍耐力を得た。 今ではまだプレイできる外国版に手を出してたまにプレイしている。



パンヤ・ペーパーマン(推定5年前
 メッセ身内に進められて一緒に始めたゲーム。基本的に野良はほとんどプレイせずにずっと身内でのみプレイし続けており、現在進行形である。今までプレイしていたゲームと違い、アイコンがゲームのウィンドウに出す事が出来なかったので少し戸惑ったものがあった。パンヤは最近プレイしてないが、ペーパーマンは「エアコンボ」に惚れて無理やりエアコンボしようといつも闘った結果、「エアコンボ」ランキング200以内に入ってて吹いた。ちなみに愛銃はM16とイングラム。

飛天オンライン(3年前)・エルソード・ハウリングソード・SDGO(1年~半年)
 久しぶりのMMORPGだった。飛天は絵に釣られ、エルソはグランドチェイスの後継作という事に釣られ、ハウリングはメッセ身内に誘われ。しかしどれもこれも途方もない作業感に苛まれ長続きせず引退。エルソは背景しばらく真っ黒だったり、対戦でワンパハメが流行した時代だったのもあって一気にやる気がなくなり引退。ハウリングソードは悪くなかったのだが、身内に一人廃プレイして飛び出た奴が出たため足並みが揃わず全員で引退。SDGOもメッセ身内に誘われてだが今はほとんどプレイしていない。ただ、バクゥは好きなので私や一部の人だけたまにプレイしている。この頃からMMORPGはもうやらなくていいと悟って来た。

FreeJack(数週間前
 最近出たゲーム。メッセ身内が見つけたのでたまにプレイしている。

コズミックブレイク(1年前
 メッセ身内が以下略。今までにない、カスタマイズ、ペイントの尋常ではない自由度、多人数対戦に目が行った。そしてなによりもロン姉に出会えた事は奇跡。うぉおおお!ロン姉ー!おれだー!ガレージきてくれー!


 振り返ると、どのゲームも想いでいっぱいでした。


 あなたは、いくつのネトゲし歩いていますか?
スポンサーサイト



地水

DMMソシャゲ中心。
神姫プロジェクトなど
そのほかにも多数。